湯布院の四季"一覧

春が、来た!

それは、“突然!”という形容詞がぴったり、4月1日の朝、目が覚めたら、、季節が、あっという間に春になっていた~!!!って感じ…。昨日3月31日は春にはまだ少し遠いかな~って感じだったのに。 ところで、湯布院の外はあったかいけど、おうちの中は梅雨明けまでコタツが要るって知っていましたか?
 
 
夢の中に出てきそうな、このきれーいな風景、   川南地区の畑は金色の菜の花が満開。
     
 
菜の花畑に入ってしゃがんで見ると、   てんとうむしがたくさんいました。(笑)
     
 
道端には、たくさんの土筆(つくし)が顔を出しています。湯布院の人はこんなの見慣れているから、採取して食べないのかなー?
 
 
野焼きが終わった山は黒ずんでいますが…   近づいて、よく見ると、あたり一面の山肌にかわいい花が咲いています。
     
 
野焼きから20日ほどして一番に咲く高山植物「黄すみれ」です。この花は採ってはいけないそうです。。   鹿の糞も見つけました。このあたりは鹿が野山をかけまわっています。夜、別府から湯布院の間の道路でかわいい鹿と出会えるかもね。
     
 
由布院駅近くの民家の庭に、こんな綺麗な花を見つけました。「大根の花」だそうです。紫がかった青の花びらがとってもいいですね。
 
 
ここのお庭にたくさん咲いています。この辺通ったら見つけてね。   真白な花が風に吹かれて、花びらが舞い散っています。「白木蓮」です。次の日にはほとんどの花びらがなくなっていました。はかない花の命か…
     
 
「発見!川沿い散歩」のページで紹介した場所にやってきました。   ここは土手沿いに桜がきれいに咲いています。桜満開です。
     
 
この風景どうですか? いいでしょー。   土手に、びっしり菜の花が咲いて、まぶしいくらいです。
     
 
川面には桜の花びらが浮かんでいます。   草も新鮮な青色です。
     
 
鳥ものんびり。   むしも泳ぐ。 よく見えないけど小魚がいっぱい泳いでいます。
     
 
えさもたくさん。   親子で散歩も。
     
 
草花もかわいい。このあたりに座っておにぎり弁当食べました。やっぱ、おいしいーです。   城橋上では観光客の外人さんが写真撮ったり、空を見たり、「ワンダフるー」とあちこち見回してきょろきょろしています。
     
 
橋の上から川を見ると…。おお、ワンダフル!   なんともいえない、いーい色彩の風景。春はいいなァ…。
     
 
笹の葉にとまる糸トンボ   男ゼンマイ、生け花に使われます。
     
 
川沿いではおばちゃんたちが何かを採っていいます。   何という花かな?白くてきれい…
     
 
草花がきれいに咲き、緑がイキイキとしています。
 
 
  金鱗湖近くで池を見つけました。
     
 
枝垂桜がきれい。   小さな魚も元気よく。
     
 
山には絵に描いたような色彩の風景が。山桜がきれいです。“山笑う”とはこういう風景を言うのでしょう。   はやくも鯉のぼりが、春風の川を勢いよく泳いでいます。もうすぐこどもの日。
     
 
たんぽぽの綿帽子。   ちょっと息を吹きかけたら、綿が飛んでいきます。